撮影ぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

4/1

急遽、日本海側で秋田75による工臨があると聞き、始発の幹線を乗り継いで秋田周辺に行ってまいりました 笑

本来ならば、連れが2名居る筈だったんですが、華麗に寝坊。


こちらが古川を出た頃に起床メールが来ましたww



とりあえず、盛岡からこまち1号に乗車。

11時前に秋田に到着しました。


そんで接続電で東能代駅発車のストレートで構えることに。



なんか偶然にも某氏が秋田でEF81を撮ろうとしていたらしいが、この工臨を聞いた瞬間に貨物を捨てて一気にこちらにくるらしい。





おっと通過10分前にタクシーに乗ってやって来ました。

まさか来るとは思わなかったっす 笑



秋田から乗っていた電車にも、沿線にも、この工臨を撮ろうとしている人たちは見当たらず、果たして来るのかどうか不安でいっぱいだったが、特急かもしかから発せられた「下り接近。」の無線が鳴り終わった後、スジ通りの時間で「上り接近。」が鳴り始める。

踏切が鳴り、奥から75の姿が見える。


徐々にスピードを上げ、うねりながらやって来た。

IMG_5103.jpg
工9864列車 東能代~南能代(信)

念願の秋田75。スリーセブンこと「777号機」ではないものの、感無量の一言である。
しかもバックには多分白神山地と思われる山々が写り、もう最高のロケーションであった。




そんな浮かれた気持ちでタラタラしている暇も無く、続行電で追っかけるため、某氏を乗っけてきたタクシーに便乗。

東能代駅から大久保駅の入線の撮影地へと移動する。



途中、これまたスジ通りに途中駅で抜かし、大久保に到着。



計算上、乗ってきた普電の13~5分続行でやってくるので、駅からダッシュ。






ここでちょっととある作業(笑)をして、奥からゆっくりと来ました。

IMG_5116.jpg
工9864列車 羽後飯塚~大久保

ケツがカツ過ぎました…苦笑


ちなみに現地に到着してもスジ通りでは来ませんでした。ダイヤ改正で若干の時刻変更があったようです。




さらに続行電で秋田へ。



入換で767が奥に引っ込んでいると思いきや、なんとまだ居たのでスナップ開始。

ただ、入信か開通しているのでいつ発車してもおかしくはない。

IMG_5124.jpg
いつも仙台で撮っている「757」ではありません。「767」です 笑


残念ながらこれを撮った直後、秋田車セの方へ引っ込んでいきました。





ホームにはロンチキが残ったまま。 まぁ記録程度に…
IMG_5126.jpg
駅名標×ロンチキ   ちゃっかりこまちが写ってますね。




この写っているこまちに乗らないと次が1時間後になってしまうので、急いで改札を出て、切符を買って、再び改札に入りました。

ここで某氏とはお別れ。  1泊して今日も貨物を撮影するとのこと。



まぁこちらは突発で秋田に来たわけだし、残りたい気持ちを抑え、帰京しました。




某氏、お疲れ様でした♪






そろそろ眠くなってきました……  今回はこの辺までで~~~~~
スポンサーサイト

工臨 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夕暮れ時。 | ホーム | 3/24>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。