撮影ぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最後の黒磯口運用 3082~3089列車

去年までは定期として「3074列車~3089列車」の黒磯運用が辛うじて存在しており、時々代走で「3052列車~1日黒磯留置~4081列車」というのもあり、実質2往復は残っていた。しかし今改正で消滅… と思われたが、変運用として土曜2072~土曜ヨ3082~日曜4087(7月より3089)が残ってくれた。ただ毎週1回のチャンスな訳だが…苦笑
今年前半の4087は黒磯10時代発車。更に郡タで長停をして仙台には14時代到着。と下り列車の撮影ではあまり宜しく無い時間帯を走るもんだから困ったもんだった。

しかし「ナナゴーの日」と言われている7月5日より変A5運用の下り列車が4087から3089に変わり、全区間順光で撮影と来たもんだからもう最高だ。
襟に白帯が入っているものの75は75。65や64の原色からかけ離れた真っ白白の更新塗装よりも何故かしっくりくるのだ。(白更新(パンダ)は……でしたが 笑)


先月までは雷鳥に浮気していて、2ヶ月前の赤重連以来本線に行ってなかった。
「これはマズイ」という事で先週から交流鉄復帰。先週は貝田SでM型重連を仕留めた。
しっかし行ってみて改めて思ったんだが、手前の架線柱がどんなアングルでもどうしても入ってしまう。
速度を落とし峠をうねりながら来るのは最高なんだが、帰宅して画像を見てみると何か物足りない。




まぁそんなところで金曜夜、メールで「3089:1039+1004」のメールが入るとやる気の入り具合は変わる。
先週直前まで貝田にしようか船岡にしようか迷っていて前回は貝田を選んでしまった。

もみじ程ではないが、汚い茶色にならない程度に色づいているみたいなので船岡は自然に決定となる 笑


そして当日朝、久々の41Bで北上すると宇都宮辺りからガスってきて郡山付近では近くの家さえも見えない状態。
福島辺りから霧も取れて来たから良かった。

福島下車後は松島行きの721に揺られつつ船岡到着。

船岡は桜の時しか人気がないようで、同業はゼロ。
身内とともに好きなアングルにカメラを置く。


一本前の金太貨物はここ最近エラく時変してやって来る2076列車に半分被られた。

そしてその15分後。
「下り接近」の無線が響き、2つの釜が目の前を通り過ぎていった。
IMG_8051-2.jpg
思わずガッツポーズをしてしまった 笑


その後午後の9563列車まで間が空いたので仙石線の103系の撮影でもして暇つぶしをしてみた。笑

で、午後の9563列車。
こちらは郡山正午発車なんで面には光が来ない。下手すると撮影地によっては側面の光も当たらずド逆光となってしまう。

この日は3089列車を撮った直後に9563列車編成情報が来てチ、チキ混結7車とのこと。
ここ最近の荷物ではかなりいい感じ。


側面に綺麗に光が当たるであろう、北白川で下車する。
先行の721のラビットで編成の載り具合を確認して迎え撃つ
IMG_8104.jpg

直前に変な雲に太陽が隠れてしまい、ピンチになったが案外余裕で抜けてくれた。



続行の普電でコイツを追い抜きもう1発撮影して、臨時のMやまびこで帰京した。




関東ではワム回送、1118シテンなどネタありの1日だったようだが、ワム回送は更新釜牽引って分かっていたし、クマギョウなんて面トップになるのは目に見えていた。

未だに1118シテン(上りは大好きな2エンド頭!!笑)を捨てたのも後悔していない。








やはり重連は先週もそうだがしびれますな。
さぁ来週はドコで迎え撃とうか。。。
スポンサーサイト
[仙貨] | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。