撮影ぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鉄路の安全を守る、夜の仕事。

よく日中に工臨として、機関車がチキやロングレールチキ(ロンチキ)を連ねて走ることは度々見るし、撮影者も多い。

しかし、その工臨の本当の仕事である「レール卸し」というのは中々撮影する人を見ない。


自分も地元とか知人の地元で卸すレールしか中々撮らない。


そんな中、初めてロングレールを卸すシーンを1週間連続で2回も撮影できたので報告したいと思います。




基本的に
・定尺レール…ある場所に卸して、後日保線車両でレール交換現場へ運ぶ
・ロングレール…レール交換する場所でレールを卸し、後日保線車両でレール交換する

なのだ。



で、今回は東北本線上り小山~間々田間と東北本線上り浦和~川口間での卸し撮影を行った。



まず2/27に撮影した前者の現場を。。。。

前日、23:30過ぎに小山に入線
IMG_3099.jpg
一旦停車後、小山駅北側の入換場へ消える。。。

ここで、知人の自転車を借りて現場へ……

今回の現場は100分間。


でもこれが結構短いんですよねーー笑


チャリで10分位走って作業員が集まっている場所に到着。

上り最終貨物列車が通過後、線閉しいよいよヘッドライトが見えてきた。


自分達の待機している場所の100m位先に停車。

で、停車位置を調整した後ロンチキの作業灯を点灯。



歩く速度でこちらに迫ってきた。。。

IMG_3187.jpg
踏切の光量を使ってケツ打ち。


ロンチキからレールがどろーっと出てくる 笑






IMG_3197.jpg
ロンチキから出てきたレールはてこの原理を利用して、線路横に設置した資材置き場へと運ぶ。

IMG_3203.jpg
望遠で圧縮。レールって案外硬そうに見えて、実はこんなにぐにゃぐにゃ曲がるもんです。

これが現場でしか味わえない醍醐味なんですがw

IMG_3209.jpg
踏切では事前にレールを置いておく場所を切り取っていて、そこに綺麗にレールをしまっていきます。



まぁこの日はこの辺まででレールの卸しは終わりました。











んで、先日5日。ちょうどその前日に中央線車内で某重鎮様が「やべー 今日現場あるのわすれてたw」と言い出し、急遽車で行くことに。


この日は浦和電車区~蕨駅手前までが現場。


色んな事情で現地に到着するのが遅くなり、着いた頃は既に最後のレールを卸し始めてました…涙




IMG_3542.jpg
ロンチキB編成が担当
IMG_3594.jpg
陸橋から

この後レール卸しが終了してしまい、出発まで停車しているシーンを撮影。


普通はこうやって機外停車ってないですから貴重だし、ロンチキの作業灯も点灯していますからねー笑
IMG_3613.jpg




で、上野で機回し中に東大宮(操)に先回りして、撮影
IMG_3634.jpg
連結シーン
IMG_3646.jpg

そして、4:30前に新小岩(操)へと戻っていきました。



車は大宮で突放してもらい、埼京線の始発で自宅に無事帰還しました。





本当は中央西線に行った報告をしようと思いましたが、丁度いいネタがあったのでこれを書きました。





今日は富士ぶさやりますかねーーー

気分次第でその後仙台向かうかもです 笑
スポンサーサイト
工臨 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。